テレビ東京「ガイアの夜明け」放送内容についての見解

2019年3月20日
人材協・医療系紹介協議会幹事会


 2019年3月12日に同番組の一部で、看護師紹介事業者についての内容が放送されましたが、その内容は「巧妙な手口」というタイトルで、看護師紹介事業者の一覧が映し出され、番組協力者の発言のみで、視聴者に偏った、あたかも業界全体として行っているかの印象を与えております。看護師の皆様、病院関係者の皆様、及び社会全般に対して誤解を与えかねないものであり、医療系紹介事業者の業界団体として極めて遺憾であります。


 医療系従事者の紹介サービスを営む我々紹介事業者の社会的使命は、医療系従事者の適正な紹介サービスを通じて、急激な高齢化に伴い様々な課題を抱える医療機関等における慢性的な従事者不足の解消、人材の最適活用の実現に努めることと認識しております。


 人材協・医療系紹介協議会では、転職・採用におけるサービスの質的向上、転職を助長するないしは悪質なサービスと受け止められるアクションの改善などを目指し、独自のガイドラインを定めております。


  1. 医療従事者の転職活動を濫りに助長するような、不適切な広告表現は行わない
  2. ご紹介した医療従事者に対して、再転職を目的とした働きかけは行わない
  3. 求人者に対する適正な紹介行為を阻害するような、医療従事者への金銭の提供は行わない

 また、会員各社の紹介従事者への教育プログラムの提供や情報交換会を実施、会員各社が一丸となって、お客様からの信頼を高めていくアクションを取り組んでおり、厚生労働省との情報交換、全日本病院協会、日本病院会、日本看護協会への定期的な活動報告を行っております。


 今回のテレビ東京の番組放送内容については、番組協力者の発言のみではなく、より多角的な取材を行った上、報道すべきものと考えます。


 会員各社の従事者の皆様も、求人者・求職者から本件についての問い合わせ等ございましたら、改めて、職業安定法及び、医療系紹介協議会のガイドラインに則った適正なサービスであることをお伝え頂き、ご対応頂きますようお願いいたします。


以上