検索

人材協について

会長ご挨拶

林 徹郎 林 徹郎

一般社団法人 日本人材紹介事業協会
会長  林 徹郎

この度、人材協の会長に就任いたしました林徹郎と申します。
日頃から、会員の皆様はじめ関係各位には、ご理解とご支援を賜り、有り難く厚くお礼申し上げます。

2年以上にわたるコロナ禍によって、人材紹介業界も少なからぬダメージを受けました。今年に入り、世界的なオミクロン株の大流行に始まり、ウクライナ情勢や原油高などさまざまな不安定要素がありながらも、国内外の経済情勢は確実に回復基調にあることを実感できるようになり、業績も回復途上の皆様が多数おられるのではないでしょうか。そして、コロナ禍の克服も、もう間もなくではないかと期待しています。

今年は改正職業安定法が成立・施行されますが、ご高承の通り、多様化する新形態のメディアについて「募集情報等提供事業」の定義に含めるとともに、雇用仲介事業を労働力需給調整機能の一翼を担うものと位置づけ、労働者になろうとする者に関する情報を扱う募集情報等提供事業者については届出制が導入されます。また、職業紹介事業にも関連する点では、募集情報等の的確性の確保、すなわち、虚偽又は誤解を生じさせる表示を行ってはならないことや、正確かつ最新の内容に保つための措置を講じなければならないことが定められました。

私は、人材紹介業界や会員の皆様も含めた事業者の『信用』と『信頼』を重視したいと考えております。
『信用』とは相手の過去の行為や業績・実績によって評価すること。
『信頼』とは相手の人柄や考え方、立ち居振る舞いによって評価すること。
すなわち、信用とは過去がつくるもので、これまでに積み上げてきた実績・業績と考えます。一方で、信頼とは現在や未来がつくるもので、期待が込められているという意味を持ちます。
そして、人材協の諸活動に関しては、業界全体の『信頼づくり』を軸として取り組んで参りたいと考えております。人材紹介に従事するコンサルタントのあるべき姿、人材紹介会社と経営者のあるべき姿、人材紹介業界のあるべき姿を探求し、真摯で実直な『信頼できる』業界にしていきたいと思います。

幸いにも、人材紹介業は、さまざまな雇用仲介ビジネスの中で、最も求人者・求職者の情報やニーズを的確に把握することが可能なビジネスであると思います。求人者・求職者への質の高いサービスの提供を改めて念頭に置き、熱意と誇りを持って取り組むことで、大きな『信頼』を得ることができるものと考えます。

私は学生時代のアルバイトに始まり、現在に至るまで、ビジネス経験は人材業界のみで、他の世界を存じ上げておりません。ある意味では、人材紹介ビジネスへの強い思いが根底にあったからこそ、今まで全力で取り組んで来ることができたのではないかと思います。人材ビジネスも今後多様な発展を遂げることと思いますが、これからは人材協の会長という新たな立場から、会員の皆様のみならず業界全体の発展のために力を尽くしたいと思います。

ご挨拶の最後になりますが、皆様の益々のご健勝、ご発展を心から祈念申し上げますとともに、人材協の諸活動へのなお一層のご理解、ご支援を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

2022年6月吉日

一般社団法人日本人材紹介事業協会
(略称「人材協」)事務局

各協議会からのご案内

※協議会へのご参加は人材協会員であることが必要です