コンサルタントの資格制度とは

 人材協認定「人材紹介コンサルタント資格」は、人材紹介事業に従事する方全員に保有を義務付けられているものではありませんが、一定水準以上の人材紹介コンサルタントであることを、一般社団法人日本人材紹介事業協会(人材協)が所定の講習と試験を行い認定するものです。

資格制度

◆資格の構成

  1. コンサルタント資格(受講資格 職業紹介コンサルタント経験2年以上 *条件付き1年以上
  2. シニアコンサルタント資格 (受講資格 職業紹介コンサルタント経験4年以上)

◆主な講座内容

  1. 職業安定法・労働基準法など労働関連法の知識習得
  2. 職業紹介の実務及び業務上必要な職業倫理など

◆1日6時間×2回の講座を受講したのち資格試験を受験します。

◆実施要領

  1. コンサルタント資格(年2回)
  2. シニアコンサルタント資格(年1回)

資格講座の受講料など

◆資格の期限

コンサルタント資格及びシニアコンサルタント資格の有効期限は、資格認定の日から起算して3年間です。

◆資格の更新

資格の有効期間内に、以下による5単位以上の単位を取得し、所定の手続きをした場合は、資格の更新が認められます。単位取得時には、その旨を人材協の事務局へ報告し確認しなければなりません。

  1. 人材協の主催するセミナーなどのうち、教育研修委員会が指定するセミナーなどに参加した場合
    →2時間を1単位
  2. 人材協の依頼により、事例報告など各種レポートを提出した場合
    →1事例につき1単位
  3. 人材協の依頼により、講師などを行った場合
    →1時間につき1単位
  4. 人材協のメールマガジンを継続的に受信し内容を読んでいる場合
    →1年間につき1単位
  5. 専門誌などに論文を発表した場合
    →1件につき3単位
  6. その他、教育研修委員会が、単位に相応しいと認めた場合

資格制度のなりたち

人材協認定資格制度基本規程