ご挨拶

 「再就職支援サービス」が欧米で誕生してから半世紀、日本でサービスが開始されるようになってからは40年近い時間が流れました。

 この間、経済環境の変遷、また短期的な景気変動の中で、再就職支援事業は企業が構造改革を進める上で必要な役割を果たし、一定の社会的認知を得るに至りました。これもひとえにお客様のご支援ご鞭撻と、当再就職支援協議会に集う会員企業各位の研鑽の賜物と認識しております。

 昨今の経済環境の先行きは、不透明感を増していく一方です。特に日本の場合、労働力人口が減少の一途を辿り、経済の活性化に影を落としつつあるのは周知のことと思います。

 そのような中、働く人個々人が、自身のキャリアについて自律的に考え、多様な選択肢の中から自らの働き方を主体的に選んでいかなくてはならない時代に増々なっていくと考えます。

 私たちはこうした方々の支援を通じて、また当協議会の会員企業相互の連携を通して、再就職支援事業の社会的意義・公共性をより一層高めていく所存です。

 今後とも、皆様のご支援とご協力を賜りたく、お願い申し上げます。


2017.4.1
再就職支援協議会 代表幹事
前野 一郎