制度の目的と概要

適正事業者認定制度の目的

適正な有料職業紹介事業者の認定制度では、「お祝い金を支給しない」などの法令を遵守していることはもちろん、「取り扱い職種別に手数料を公表している」、「転職活動を濫りに助長するような不適切な広告表現・広報活動を行っていない」などの一定の基準を満した有料職業紹介事業者を「適正な有料職業紹介事業者」として認定しています。

求人者が、職業紹介事業者の利用に際して、あらかじめサービスの内容や品質、その費用等についての概要を知ることが出来、その上で適正な事業者を選択できるようにすることを通じて、医療・介護・保育分野における人材確保及びマッチングの質向上に貢献することを目指しています。

認定マークの種類

適正事業者認定制度の目的

有効期間
3年
審査頻度
初年度は年2回
認定取消
虚偽申請などの悪質な場合には、審査員の報告をもとに認証委員会で検討し、協議会の決議によって取消
認定単位
会社(サービスブランド、事業部単位での認定も可)

※ 適正基準を会社としてガバナンスできている範囲

申請手数料
1社・1分野あたり、10万円(税別)

※ 複数分野申請時には割引あり